読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIYバンドDive to lightの深掘りレビュー

ミュージシャン目線で音楽作品のレビューや作曲法を解説します!

「My Bloody Valentine ジャンルの枠を超えたシューゲイザーバンドの代表格」

My Bloody Valentine ジャンルの枠を超えたシューゲイザーバンドの代表格」

 

幻想的な轟音ギターと甘美なメロディーの融合

 

 

 シューゲイザーとは、80年代後半から90年代初頭にイギリスで生まれたポップで浮遊感のあるメロディーとエフェクターなどで深く歪ませたギターサウンドを特徴とする音楽。雑誌記者がライブで下を向いて演奏する姿を「シューゲイザー(靴を見つめる人)」と表現したことを由来とする。

シューゲイザーといえばまずこの曲


Sometimes My Bloody Valentine

 

 

 

f:id:divetolight:20170226165031j:plain

 出典:http://okmusic.jp/musichubz/artists/2924/images

 

 

最近むかし好きだったバンドを聴きかえすことが多く、ラブレスを初めて聴いた時の衝撃をあらためて思いだしたので、今回はマイ・ブラッディー・バレンタイン(通称マイブラ)を紹介したいと思います。

 

 

 

バンドの略歴

 

84年にダブリンで結成され、「this is your bloody valentine」ほか数枚のミニアルバムの発表、メンバーチェンジを経て、88年に発表された「you made me realize」でブレイク。88年には1stアルバム「isn’t anything」、91年に代表作「loveless」を発表した後、様々なトラブルなどもあり、長く活動休止状態となります。2007年にライブなどを中心に再始動。2013年には約22年ぶりの新作「m.v.b」を発表して話題になりました。

 

 


My Bloody Valentine - You Made Me Realise

 

マイブラの音楽性について

 

このバンドの音楽的な特徴はなんといっても、ケヴィン・シールズVo.G)の生み出す、リバーブディストーションなどのエフェクトを非常に深くかけ、ノイズを多用した幻想的なギターサウンドと女性ボーカルによる甘美なメロディーにあります。

コード進行やひとつひとつのメロディーは比較的シンプルなものですが、それらを何重にも複雑に絡み合わせることで、彼ら独特の音の世界を作り上げています。

 

 


My Bloody Valentine - Soon

 

 

>【送料無料】 My Bloody Valentine マイブラッディバレンタイン / Loveless 【CD】

価格:1,700円
(2017/3/12 16:45時点)
感想(0件)

 

 

マイブラや彼らが所属していたクリエイション・レコードが輩出した、ライドやスローダイブなど、シューゲイザー系と呼ばれるバンドが用いた、ある種アンビエント的で革新的なサウンド、ポップで美しいメロディー+轟音ギターという手法はロックバンドだけではなく、エレクトロニカ電子音楽などのアーティストにも影響を与えています。

 

 


Slowdive - Alison

 

 


Ulrich Schnauss - Goodbye

 

 

僕たちも彼らのような美しい音の世界をつくりたいと思って、曲を作っています。

 

 

 


Dive To Light - 誕生前夜

 

 

 

 

Nirvana まさに、オルタナティブロック︎!!

NIRVANAニルヴァーナ)  まさに、オルタナティブロック!!

とにかくカッコイイ!暗く、激しく、美しく、そして程よくポップ♪

f:id:divetolight:20170212160121j:plain

 出典:http://www.factmag.com

 

90年代の音楽業界は、洋楽・邦楽ともに、非常に豊作の時代でした。
業界自体が超好調で、素晴らしいバンド、名作が、これでもか!と出てきたいい時代でしたね。
今だにレコードを買うのは、この時代のアーティストばかりです。

 

90年代を代表する歴史的名盤、
[ネバーマインド]を発表したバンドこそが、ニルヴァーナです。
このアルバムで時代の寵児になった彼らですが、94年にボーカルのカートコバーンの死により解散、伝説になりました。

 

♪この一曲で時代の寵児に。代表曲 "Smells Like Teen Spirit"


Nirvana - Smells Like Teen Spirit (First TV Performance)

 

 


NIRVANAの略歴】

1987年に、バンドを結成。
1989年ファースト・アルバム[ブリーチ]を発表。
ドラマーのチャドの腕に不満があり、彼を解雇し、新しいドラマー、デイブが加わります。これによりバンドは完成しました。

 

3人で作ったセカンドアルバムが91年に発表した大傑作[ネバーマインド]です。このアルバムの大成功が、良くも悪くも精神的にカートを苦しめたようです。
1993年にサードアルバム[イン・ユーテロ]を発表。翌年の1994年にカートの死により、幕を閉じます。

 

♪ライブで定番の合唱曲 "Lithium"


Nirvana - Lithium (Live at Reading 1992)

 

 


ニルヴァーナの音楽性について】

ニルヴァーナの音楽性は、
ハードロックを基調とした激しくもカッコイイ ギターリフ。独特なコード進行。暗く・激しく・美しいメロディーですね。説明するのが難しいですが、かっこいいメロディーなんですよね〜。

 

あと曲の構成が、静と動を使い分けていることは、よく言われています。Aメロは静かで、サビで爆発する展開です。

 

♪Aメロで暗く美しい《静》 サビで爆発する《動》 "Heart-Shaped Box"


Nirvana - Heart-Shaped Box (Live)

 


ニルヴァーナの影響で、マイナーコードが好きになりました。
作曲においてのAmやEmなどのマイナーコードの使い方が勉強になります。

 

マイナーコードは、鋭く、深い感じというか。ギターでかき鳴らすとこれだけで満足できます。

AmやEmなどはRadioheadなども効果的に使っていて、暗くて美しいメロディーを作るにはいいのかもしれません。

 

また、マイナーコードを主として使えば、カッコイイ感じが出せると思うので、疾走感あるロックや、切なくて深みのある曲を作りたい時に良いと思います


ニルヴァーナは演奏が簡単なので、ギター初心者はよくコピーします。
でも演奏は簡単ですが、ニルヴァーナ風に作る事はできないんですよね。沢山のアーティストがカバーしていますが、カバーですら「やっぱり何かが違う」と思うんですね。

 

その[何か]が、唯一無二のカートの個性なのでしょう。

 

>[CD]NIRVANA ニルヴァーナ/NIRVANA (33rpm/STANDARD)【輸入盤】

価格:2,637円
(2017/2/26 14:44時点)
感想(0件)

 

邦楽が好きな方は、最初ニルヴァーナは「暗いな〜」と感じるかもしれませんが、聴き込むと「この曲はポップでキャッチーだな♪」と感じるようになると思います。たぶんですけど(笑)

 

ネバーマインドから入るのが王道だと思いますが、ベストからでもいいと思います。ハマったらイン・ユーテロなどを聴いていくといいと思います。

 

また今度、ニルヴァーナの各曲を考察していこうかと思っています♪
今回はこの辺で!

 

 

 


自分達にとって疾走感のあるかっこいいロックのイメージで作曲しました。
もしよかったら視聴してみて下さい♪


Dive To Light - Rainy Day

 

Dive To Light ホームページ

http://divetolight.wixsite.com/home